2015年06月20日

Facebookの豆知識

☆Facebookには、いくつかの利用停止ペナルティがあるそうです。

「利用度が許容レベルを超えています。節度を持って利用ください」と、
いいね!の制限を受けたり、友達以外へのコメント停止も受けます。

「友達申請」の停止、 「あいさつ」の停止、「いいね!」の制限、「友達以外へのコメント」の停止・・・
facebookの利用停止にる要素として、@条件、A加点、B減点が考えられ、
フェイスブックのロボットが、ある一定の数式によって、制限や停止を行っているようです。

【友達申請停止の人の傾向】
非アクティブ(投稿が少ない、写真未掲載等)人に多い。
連続で友達申請を送った後に突然規制が入る。
しかし、1日20人程度で停止になる人もいれば、300人申請をしても停止にならない人もいる。
友達申請停止の期間は、2日間、4日間、7日間、14日間、30日間と増えていく。
海外の方に申請をすると、わずかな間に停止になる。
こちらは、主に3つの数式で“自動的”に判断をしているということが分かりました。
1. 加点法 2.減点法 3.時間による点数の変化

1、加点ポイント:
「いいね!」を押した(+1点)、コメントをした(+5点)、
「いいね!」を押された(+5点)、コメントをされた(+10点)、
発言をした(+3点)

2、減点ポイント:
・友達申請(−20点) ・友達申請を受けた(−3点)
減点と言うよりも、ポイントを使ったと考えたら良いかもしれません。


☆減点に関してはゆるやかになる条件があります。
・同じFacebookページに属している。
・同じグループに属している。
・コメント、「いいね!」を押し合っている。
・メッセージのやり取りをしている。
などが、過去にあると、減点ポイントが大幅に減るようです。

☆それぞれの加点ポイント、減点ポイントは、時間が経つに連れて減衰(:_;)
 100点の加点を得ていたとしても、7日後には10点ほどにされてしまうのです。

減点ポイントも同様に時間によって減衰していくのですが、
友達申請は、どちらかというと同一時間にまとめて行う事が多いため、
一気にマイナスポイントが加算されてしまい、この理由から友達申請停止になる人が多いようです。
※ちなみに、申請を相手に放っておかれると減点の対象になります。

◇利用停止を促進すると思われる要素と定義します。
@友達リクエストの発信
@-1 コミュニティ外の人間に対する友達リクエストは利用停止になりやすい
@-2 一日5件のリクエストでもスパム経験者がいる
@-3 5件/日リクエストで利用停止となり、翌日登録可能となった事例がある
A友達リクエストの保留の滞留 率か量か?
友達申請は最初は75件/日くらい平気だった
A-1 未承認件数の累積
Bいいねボタンの押しすぎ

Cあいさつの強要
D本人でない登録はいきなり削除が来る
Dスパム報告があると減点
E 友達リクエスト 発信>受信のケース
Fフェースブックが想定する友達ネットワーク意外の地域への大量なリクエスト
Gいいねが少ないブログの投稿 100件の投稿について、2件弱の「いいね」しかなかった
F友達の真贋についてフェースブックが疑問を持つケース
「本当に友達ですか?」→地域が関係するか 例)「本当に友達ですか??」という表示される。

■facebookからの処分内容
@最初は2日  1日友達申請20件でも大丈夫だった
A2回目は4日。3回目は8日
B2回目の停止のときは、10件くらいで停止
C偽名登録は即刻利用停止
Dfacebook利用停止国家(例えば中国)からの利用

Eリクエストの取り消し要求
Fシェア禁止 記事投稿禁止 インプレッション2%以下
G友達紹介の1回あたりの限界がある 50件/回が限界

つまり、ある程度、投稿したり、いいね!やコメントしている人なら・・・安全ラインは・・・
a.現状の友達数
b.リクエストをかけた相手が自分のコミュニティに存在するか
c.クエストをかけた相手が同じ地域の存在する人間か
d.リクエストの安全ラインは5件/日

その中でも、特に多いペナルティとして、「友達申請」の停止については、
多くの方が、facebookノートやブログで解説をされていますので、参考にしてください。

FBのいう知り合いは 同じグループ内にいることや「いいね」やコメント メッセージ等で
やり取りをしている関係です。
いくらリアルな友達でも FB上で何のやりとりもしていなければ
FBのプログラムは知り合いではないと判断してしまいます。

☆ 招待する場合は、お互いの方にメッセージを入れておきましょう。
紹介すると、お相手に「誰々さんからの紹介です」と通知が行きます。
両方を紹介しておくと、相手の方が承認した時点で。
もう一人の方への通知は「紹介です」からから「リクエストが届いています」の、
他の友達リクエストと同じ表現に変わってしまう様ですので、
メッセージを入れておかないと後から承認する人は、
誰からの紹介なのか、いきなりリクエストなのか分からなくなるようです。
知人・友人との交流を促進するプラットフォームであるfacebookの目的は、『世界のオープン性と透明性を高め』、『個人が共有し、つながりを持つことができる優れた機能を提供する』。

繋がっているユーザとのタイムリーな交流を実現するために、facebook上で直接的に友だち関係にあるユーザの他に、友だちの友だちや、参加しているグループで何某かの情報が更新されたときにはメールでお知らせしてくれる便利な機能があります。
しかし「メール多すぎ!」と感じることもありますね。

お知らせメールを受信する/受信しないは、自分で設定・管理しましょう。

☆お知らせメールの内容

facebookは登録したメールアドレス宛に多種多様なお知らせメールを送信してくれます。

(ユーザ名)があなたの近況にコメントしました。
(ユーザ名)があなたの友達リクエストを承認しました。
(ユーザ名)があなたの投稿について「いいね!」と言っています。
(ユーザ名)からFacebookの友達リクエストが届いています。
今週お誕生日を迎えるお友達が○○人います。

facebook全般、イベント、グループなど、機能ごとにお知らせ受信を自分スタイルにカスタマイズします。

☆アカウント設定で『お知らせ』カスタマイズ

@facebook画面右上の▼をクリックして、『アカウント設定』を選択。
A次の画面で、左端の表示から『お知らせ』を選択。
Bfacebook機能ごとにお知らせメール受信の設定をするには、画面右上の『お知らせの頻度』ボックスのチェックを外しましょう。

ページの下方に移動

☆お知らせメール受信をカスタマイズできる機能一覧


Facebook全般、写真、グループ、Facebookページ、イベントなど、機能ごとにお知らせメールの要/不要が設定しましょう。

一覧表示中央の数字は、その機能に対して『お知らせメール受信』と設定されている項目数です。

設定詳細を確認・変更するには、右端の「編集」をクリックしましょう。

☆Facebook全般についてのお知らせメール設定


@一覧表示最上行にある「Facebook」の「編集」をクリック。

Aお知らせメールの受信を希望する項目にはチェックを、メール通知不要なものはチェックを外しましょう。

☆グループのお知らせメール設定

グループ関連のお知らせメールは、アクティビティの更新があったときに通知受信する・しないを設定できます。

左下の「各グループのメール設定を変更」リンクをクリックすると、参加しているグループごとにお知らせメールの受信・不要を設定できます。

☆お知らせメール設定で、快適

ユーザ同士が情報を共有し、交流することが SNS (Social Networking Service) の目的です。このため、ほとんどの SNS は、「なんでもできる」仕様と思って下さい。

「自分流にカスタマイズ」することで更に便利で快適な SNS 環境を作ることができます。

お知らせメールが苦手な方。
お友達でもないのに、迷惑!
と思ったら、お知らせメールの受信設定を確認してみましょう。

長くなりましたが、ご参考になれば嬉しいです。





posted by Yuko's Music ライフ at 00:38| 愛知 ☁| Comment(0) | 気を付けよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。